医療関連特集

医学関連学会・取材レポート

Report特集記事
最新号 「 大原看護専門学校 平成27年度戴帽式記事を掲載しました! 」


2015年10月9日(金)、大原看護専門学校では、平成27年度戴帽式が挙行され、37名の学生が式に臨みました。本記事では、その取材を通じて、戴帽式の意義に触れてみたいと思います。


「 大原看護専門学校 平成27年度戴帽式記事 」を掲載しました!

2014年9月27日(土)、今回は、明治35年(1902年)に福島私立助産婦看護学校として設立された大原看護専門学校の「第4回大原看祭」を取材しました。


「 第4回大原看祭~つないだ手から、生まれる絆~ 」を掲載しました!

2014年5月20日(火)福島大学附属中学校において、第52回日本癌治療学会学術集会/福島県立医科大学器官制御外科学講座の後援による「生きるの教室/ドクター中川のがんと向き合う」が開催されました。


「 生きるの教室/ドクター中川のがんと向き合う 」を掲載しました!


Report医学関連学会記事
最新号 「 第76回 日本臨床外科学会総会記事 」を掲載しました!


日本臨床外科学会は1937年に発足し、今回で第76回目の総会を迎え、福島県立医科大学器官制御外科学講座 主任教授 竹之下誠一氏が会長を務めました。晩秋の心地よい福島の空のもと、2014年11月20日から22日の3日間にわたり開催されました。


「 第76回 日本臨床外科学会総会記事 」を掲載しました!

第20回日本家族性腫瘍学会学術集会が2014年6月13、14日に開催されました。 福島県において3回目の開催となる今学術集会の会長は、福島県立医科大学甲状腺内分泌学講座主任教授である鈴木眞一氏が務めました。


「 第20回 日本家族性腫瘍学会学術集会記事 」を掲載しました!

2014年2月14、15日に福島県立医科大学副理事長で同大学医学部器官制御外科学講座主任教授である竹之下誠一氏が会長を務める学術集会が福島市で開催されました。


「 第10回 日本消化管学会 総会学術集会記事 」を掲載しました!


病院・今注目の取り組み


Interview特集記事
最新号 「ピンクリボン特集記事 ピンクリボンin郡山2015」を掲載しました!


昨年(2015年)で第7回目を迎えた、-乳がん啓発キャンペーン・乳がん検診率向上市民会議-「ピンクリボンin郡山2015」は、10月25日(日)にビッグパレットふくしまコンベンションホールにて開催されました。


ピンクリボン特集記事 「 ピンクリボンin郡山 2015」を掲載しました!

2011年の東日本大震災及び東京電力福島第1原子力発電所事故から4年11ヵ月を迎える2016年2月、楢葉町に県立の診療所「県立大野病院附属ふたば復興診療所」が開所を迎えます。


「 県立大野病院附属ふたば復興診療所記事 」を掲載しました!

2013年は、イベントがはじまって以来初めて「ビッグパレットふくしま」で開催されました。日本乳癌学会専門医や乳がん看護認定看護師による講演や特別講師にタレントの麻木久仁子さんを迎えての特別講演が行われました。


ピンクリボン特集記事 「 ピンクリボンin郡山 2013」を掲載しました!

昭和51年の糖尿病センター開設と同時に病院内に運動指導室を設け、医師や運動指導士を中心とした熱心な運動療法に取り組んできた太田西ノ内病院(昭和56年に附属ささはら病院から太田西ノ内病院に改称)。40年の歴史を持つ運動指導室を取材しました。


「 太田綜合病院附属太田西ノ内病院 運動指導室 室長 星野 武彦 氏 」を掲載しました!

さまざまなイベント会場を設けて、継続的に乳がんの啓発活動を展開している「ピンクリボンin郡山」は、2012年10月のイベントで4回目を迎えました。


ピンクリボン特集記事 「 ピンクリボンin郡山 2012 」を掲載しました!


視点 / コ・メディカル 研修医 医師


最新号 特集記事 「平成24年度 公益財団法人星総合病院 初期研修医インタビュー」


平成24年度初期臨床研修医が募集定員に達した(6名フルマッチ)、公益財団法人星総合病院で現在奮闘中の3名の先生方(研修医)に将来の抱負を伺いました。


平成24年度 公益財団法人星総合病院 初期研修医インタビューを掲載しました!


未来へはばたく医学生

福島県立医科大学 学生災害ボランティア活動報告会レポート東日本大震災発生直後から、福島県立医科大学の学生たちが立ちあがり、ボランティア団体が結成され、県内あるいは県外で災害ボランティア活動が行われました。



未来へ羽ばたく医療人Vol.2
未来へ羽ばたく医療人Vol.1