医療人・メールマガジン

「医療人・メディカル・ライフ」 バックナンバー


【 医療人・メディカル・ライフ 2013/7/1  No.0004 】




☆夏バテをもっと知ろう☆



 皆さん、こんにちは。いよいよ本格的に蒸し暑くなってきましたね。前回は、生活習慣と「夏バテ」の関係に目を向けて、その予防・対策についてご紹介しました。今回は『食』に注目してご紹介していきたいと思います。

━≪≪ 大事なことは、しっかり食べること ≫≫━━━━━━━━━━━━━


 「夏バテ」によって食欲不振が起こると、本来必要なエネルギーを確保することができなくなり、ビタミンなどの摂取量も足りなくなってしまいます。このような状態が続くと、疲労や倦怠感などの症状として現れるようになるのです。

□食で対策
 栄養素の中では、ビタミンB1の摂取が効果的です。それに加えて疲労回復に良いといわれているクエン酸の摂取もおすすめです。特に、酸味は食欲を増進させる効果がありますので、それらを含んだ食材を使って健やかに夏を過ごしてみてはいかがでしょうか。

○ビタミンB1が含まれている食材
・ウナギ・豚ヒレ肉・タラコ・生ハム・青のり・大豆・昆布など

○クエン酸が含まれている食材
・酢・ゆず・グレープフルーツ・レモン・梅干など
(※)食の偏りには注意し、バランスよく取り入れることが大切です。

☆「夏バテ」の症状が重く辛いとき、また長期間続くようなときは、重い病気が隠れている場合もあります。無理をせずに医療機関で診察を受けましょう。

☆エアコンなどで身体が冷えすぎてしまうと、体調不良につながることもあります。そのような方は『漢方』も参考にしてみてはいかがでしょうか。

       ※はじめての漢方       ↓
http://www.iryojin.com/special/kanpou/01kanpou.pdf
※医療人・メディカル・ライフバックナンバーはこちらから ↓ 
⇒ http://www.iryojin.com/08.html
                医療人ネットワーク合同会社 高橋 晃

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

医療人・メールマガジンは無料で配信しています。
登録は、こちらのページから。

※弊社からのお知らせなどを不定期に配信することがあります。
  また、弊社の都合により配信を休止することがあります。